目の奥が痛い

目の奥が痛い!

目の奥が痛い

 

目の奥が痛い!
私も長い間、目の奥の痛みに悩まされてきました。
目の奥の痛みというのは、単なる眼精疲労とか頭痛なのか、はたまたもっと怖い病気が隠れているのか・・・・・。
ずっと不安で悩んでいたので、自分なりに目の奥の痛みの原因やその対策について調べてきました。
ここでは私のように目の奥の痛みに悩んでいる方に向けて、その原因と対策をまとめてみたので参考にしてみてくださいね。

 

はじめまして。
30代の会社員です。
職場は主にIT関係で、ずっと長時間パソコンの作業をしています。
今の職場で働き始めて3年ぐらいなのですが、最近、目の奥が痛いと思うようになりました。
単なる目の疲れなのかなと思ったのですが、それにしては目の奥の方がズキズキと傷む感じで、もっと怖い病気なのではないかと不安になりました・・・・。
眼精疲労とか単なる頭痛で済めばいいのですが、実は目の奥の痛みって、もっと怖い病気が隠れていることもあるそうです・・・。
目の奥の痛みについて、自分なりに調べてみると、いろいろと怖い情報が出てきて不安になってしまいました。


目の奥の痛みの原因とは

目の奥が痛い

 

そもそも目の奥が痛いというとき、その原因とは何なのでしょうか?

 

目の奥の痛みがあるとき、その原因となる病気はいろいろとあるみたいです。。。
ここでは目の奥の痛みの原因となるような病気をまとめてみました。
自分が調べてみて怖いなと思った順番に紹介していますw

 

目の奥の痛みの原因として、この順番に多いというわけではないので注意してください。
実際のところ、目の奥の痛みのほとんどは単なる眼精疲労であることが多いみたいです。

 

ただ、ごく一部に、これから紹介するような怖い病気も潜んでいる可能性があるので一応注意した方がよいという感じみたいです。
ほとんどは単なる眼精疲労ということで、その眼精疲労に対する対策をおこなえば、目の奥の痛みも解消するのですが、それで解消されない場合に、こういった怖い病気を疑った方がいいかもしれません・・・・。

 

脳腫瘍

目の奥が痛い

 

目の奥が痛いという場合に、一番怖い原因が脳腫瘍です・・・。
といっても、目の奥が痛いという時に、その原因が脳腫瘍であるという場合は本当に極わずかなので、あまり心配しないでくださいね。
一応、そういう原因もあり得ると言うことでご紹介しておきますが、まぁ、あまり心配はないかと思います。

 

そもそも、目の奥というのは脳にとても近いところにあります。
目の奥には視神経があり、それが脳へとつながっています。
というか、目の奥の裏側というのは、そのまま脳につながっているわけです。
目の奥というのは、すぐ近くに脳があるわけなので、目の奥の痛みというのは脳の痛みといってもいいかもしれません。
そのため、脳腫瘍などが出来ていた場合、それにより脳内が圧迫されて、すぐ近くの目の奥の痛みとして症状が出てくることもあるそうです。

 

とはいえ、もしも本当に脳腫瘍だった場合、目の奥の痛み以外にもさまざまな症状が出てきているはずです。
頭蓋内圧が亢進することで、目の奥の痛み以外にも、頭痛、吐き気、嘔吐、視野欠損、言語障害、認知症状など、さまざまな症状が出てきます。
そういった症状も出てきているなら、すぐに病院に行ったほうがいいと思いますが、単に目の奥だけが痛いという場合には、普通は脳腫瘍まで心配することもないのかなと思います。

 

緑内障

目の奥が痛い

 

目の奥が痛いというときに考えられる原因として、2番目に怖いなと思ったのが緑内障です。
緑内障というのは日本人の失明の原因の第一だそうです。
つまり、目の奥が痛いなと思っていたら、その原因がもしかして緑内障だったら失明する可能性もあるということです・・・・。
本当に怖いですね。

 

緑内障というのは、目の奥にある網膜の視神経が何らかの原因により破壊されてしまうという病気です。
視神経が破壊される原因はよく分かっていないそうですが、今のところ、一番疑われているのが眼圧上昇だそうです。
眼圧というのは眼球の圧力のことです。
眼球は房水という液体によって満たされており、この房水によって丸く膨らんでいる状態になっています。
眼圧が上昇してしまうというのは、何らかの原因で房水の量が増えたり、眼球が変形してしまうことで、眼球の体積が増えて膨らんでしまうということです。
このように眼圧が上昇すると、目の奥にある網膜への物理的圧力が上昇し、視神経が壊されてしまうというのが緑内障の原因だと考えられています。
そのため、毎年の健康診断や人間ドックでは眼圧を測定するところも多いと思いますが、眼圧の上昇が指摘されたときは緑内障の疑いもあるので、はやめに眼科を受診したほうがよいそうです。

 

緑内障が進行すると、はじめは視野の欠損となりますが、片目だけ視野欠損しても、もう片方の目が視野を補ってくれるので、視野欠損していても気づきにくいといわれています。
さらに緑内障が進行してしまうと、視神経が破壊されて失明してしまう可能性もあります。
一度破壊された視神経は再生できないので、本当に怖い病気ですよね。
目の奥が痛いという場合、眼圧が上昇していて、目の奥に物理的圧力を与えていて痛いという可能性もありえます。
その場合は、緑内障の初期症状である可能性もあるので注意が必要です。
目の奥が痛くて緑内障を疑う場合は、簡単に出来るチェックとして、視野欠損があるかどうかをチェックしてみるといいです。

 

また、目の奥が痛くて本当に緑内障が心配という場合は、とりあえず眼科を受診してみるといいと思います。
眼科にて眼圧を簡単にチェックすることが出来ますので、眼圧が異常に上昇していなければ、とりあえず緑内障の心配はしなくてもいいのかなと思います。
実際、私も目の奥の痛みがずっと続いていて緑内障が心配だったので、眼科を受診しました。
眼科にて目の奥が痛いということを相談したら、すぐに眼圧をチェックして、さらに眼底検査もおこなってくれました。
眼底検査というのは目の奥の網膜の写真をとって、網膜に異常がないかを調べる検査です。
大抵の眼科ではすぐに眼底検査もおこなってくれると思います。
眼圧と眼底検査をおこなってくれて、結果としては異常なし。
緑内障の心配はないですよとお医者さんに言ってもらえて安心しました。
目の奥の痛みは単なる眼精疲労でしょうということで、その対策をいろいろと教えてもらえました。
目の奥の痛みに対する対策については、後ほどまとめてご紹介します。

 

群発頭痛

目の奥が痛い

 

目の奥が痛いという場合に怖いなと思うのが群発頭痛です。
ただ、実際は、単に目の奥が痛いという場合、この群発頭痛である可能性は非常に低いと思います。
というのは、この群発頭痛というのは単なる頭痛ではなく、本当にものすごい頭痛なのだとか。
もう自殺したいと思えるぐらいの痛みだそうです・・・・。
眼球を取り外したいと思っちゃうような痛みなのだとか。

 

原因はよく分かっていないそうですが、脳内の視床下部あたりの異常が原因なのだとか。
視床下部というのは、まさに目の奥の脳なので、一応、目の奥の痛みとしていれておきました
でも、この群発頭痛であった場合、猛烈な痛みになるので、悠長にPCやスマホで「目の奥が痛い」なんて検索しないと思いますw
PCやスマホで「目の奥が痛い」と検索するぐらいの痛みの人の場合、この群発頭痛である可能性は低いので安心してください。
もしも群発頭痛であるなら早めに医療機関を受診してください。

 

三叉神経痛

目の奥が痛い

 

目の奥が痛いときに考えられる原因として三叉神経痛があります
三叉神経というのは顔にはりめぐされている神経で、この神経に何らかの障害があると目の奥の痛みにつながる場合があるそうです。
この三叉神経痛というのは女性に多い症状だそうです。
また、一般的には片側にのみ起こるといわれているので、片方の目の奥だけが痛くて女性の場合には、この三叉神経痛を疑った方がいいかもしれませんね。
三叉神経痛の場合も、目の病気というよりは神経の痛みなので、医療機関を受診することをおすすめします。

 

眼精疲労

目の奥が痛い

目の奥が痛いという場合、そのほとんどが単なる眼精疲労だそうです。
最近は、私のようにPCやスマホを長時間みつづけているという人も増えてきました。
私のように職場で長時間PC作業をしないといけない人も多いですし、PCを使わない人でも、ポケモンGOなどのスマホゲームを長時間やるという人も増えていますよね。。。
実はPCやスマホにはブルーライトという、目によくない光が多く含まれているそうです。
このブルーライトが、目の奥の網膜まで届き、網膜を傷害して、目の奥の痛みとして症状が出てくることもあるそうです。
最近はスマホ老眼という言葉も出てきたように、若い人でも老眼のように近くが見えにくくなったり、ピントが合いづらくなったという症状が出てきているのだとか。
このスマホ老眼が進んでいくと、私のように目の奥が痛いという痛みを訴える人も出てくるそうです。
目の奥の痛みというのは、実際にはPCやスマホを見すぎによる眼精疲労であることが多いそうです。
実際、私も目の奥が痛くて、緑内障などではないかと不安だったのですが、眼科を受診したところ、単なる眼精疲労ということが分かりました。
目の奥の痛みを何とかしたいなら、まずはPCやスマホを見すぎによる眼精疲労を何とかする必要があるみたいですね。
次に、目の奥の痛みの原因の大半である眼精疲労について、その対策をまとめてみました。


目の奥の痛みの対策

目の奥が痛い

 

 

ここでは目の奥が痛いという場合の対策についてまとめてみました。
まずは現在目の奥が痛いという場合に、その対症療法について調べてみました。

 

とにかく今この目の奥の痛みを何とかしたいと言う場合はチェックしてみてくださいね。

 


睡眠と休息

目の奥が痛い

ぶっちゃけ、目の奥の痛みにはこれが一番です。
やっぱり、きちんと睡眠と休息をとることが一番大事です。
目の奥の痛みの原因は、上述したようにほとんどの場合、単なる眼精疲労です。
要するに目がとても疲れているということなので、疲れているときにはきちんと睡眠と休息をとればいいんです。
PCやスマホを見すぎて目が疲れて目の奥が痛いというわけなので、PCやスマホからはなれてきちんと十分に睡眠と休息をとれば治る可能性が高いです。

 

 

ホットタオルで目を暖める

目の奥が痛い

 

これもベタですが目の奥の痛みにはとても効果があります。
実際、私も目の奥の痛みがつらいときは、このホットタオルで目を暖める方法でしのいでいました。
目の奥が痛いという場合、疲労物質が目の奥にたまっていることが多いです。
そのため、ホットタオルなどで目を暖めてあげることで、目元の血行が改善し、疲労物質を排出し、目元へ栄養をきちんと届けることが可能となってきます。
また、とくに女性は目の下のクマを気にされる人も多いと思いますが、ホットタオルで目元を暖めてあげると、目の下のクマも解消してくることが多いです。
ベタな方法と馬鹿にしないで、だまされたと思ってやってみてくださいね。

 

目のツボを押す

目の奥が痛い

これも目の奥の痛みは結構効果があります。
ツボはとても奥が深くて難しいですが、私はあまりこだわらずにツボ押しをやっています。
具体的には眉間とか、コメカミ、目頭、目の下のあたりのツボを押しています。
具体的にツボの名前とかは分からなくても大丈夫だと思います。
自分が実際に押してみて、なんか気持ちいいなぁと思ったところを押せばいいと思います。
別にツボ押しと意識しなくても、目の奥が痛いなぁとか、目が疲れたなと思ったら、皆さん、自然と目の辺りをおさえたりしていますよね。
そういったところが目の疲れや痛みに効果のあるツボと考えてて大丈夫だと思います。
実際、私は目の奥が痛いときはこのあたりのツボを押すようにしています。

 

眼球運動トレーニング

目の奥が痛い

 

目の奥の痛みの対策として、眼球運動トレーニングも効果的といわれています。
目の奥が痛いという場合、多くの場合、眼球の筋肉が凝り固まって弱っているのも原因なのだそうです。
眼球運動トレーニングは、この眼球の筋肉を意識的に動かして鍛えていきます。
具体的には、眼球を一定方向に繰り返して動かしたり、眼球を一定方向に動かして、眼球の筋肉をストレッチしたりしていきます。
普段、あまり意識して動かさない部分なので、最初は戸惑うかしれませんが、慣れてくると簡単だし、終わったあとは目の奥もすっきりする感じがしますよ。
肩がこったとき、自然とストレッチとか体操とかするかと思うのですが、目の奥の痛み対策として眼球運動トレーニングも同じ感じです。
ただし、網膜はく離とか黄斑変性症、糖尿病性網膜症など、単なる目の奥の痛みではなく、他の病気が隠れている場合には注意が必要です。
こういった目の病気の場合、網膜が弱くなっているので、眼球運動トレーニングなどをおこなうと、かえって網膜にダメージをあたえてしまう場合もあります。
とくに網膜はく離の場合は、絶対安静で眼球を動かしてはいけないので注意が必要です。
眼球運動トレーニングをはじめる前に、心配な人は医療機関を受診することをおすすめします。

 

ルテイン、アントシアニンなどの目のサプリをとる

目の奥が痛い

 

目の奥の痛みへの対策として、ルテイン、アントシアニンなどの目のサプリをとるというのもおすすめです。
ルテインとはホウレンソウやケールなどの緑葉野菜に含まれるカルチノイドと呼ばれる天然色素の一種です。
目の疲れなどに効果があるとして、目のサプリなどの多く含まれている成分になります。
目のサプリに含まれる成分としては、ルテイン、アントシアニン、ビタミンAなどがありますが、その中で紫外線や活性酸素、PC・スマホからのブルーライトから、網膜を直接保護する作用があるのはルテインだけといわれています。

 

ルテインは網膜の成分であるゼアキサンチンの原料にもなることで、網膜の維持・再生にも重要な働きをしているといわれています。
加齢黄斑変性症の予防にも効果があるといわれていて、医師からルテインなどの目のサプリが処方されることもあります。
ルテインはこのように目の奥にある網膜の保護・再生に重要であるため、目の奥の痛みにも効果があると考えられています。

 

一方、アントシアニンも天然色素の一種ですが、主にブルーベリーやビルベリーなどの色素となっています。
目のサプリというと、わかさ生活のブルーベリーなどが有名ですが、このブルーベリーに含まれている目によい成分というのがアントシアニンです。

 

ここで目の奥の痛みを改善するために大事なことは、ルテインとアントシアニンは同時に摂らないと意味がないということです。
ルテインだけとか、アントシアニンだけをとっても、目の奥の痛みの改善にはあまり意味がないということです。
というのは、ルテインやアントシアニンを口からただ飲んだだけでは、目の奥の網膜に上手く運ばれないといわれています。
せっかくルテインやアントシアニンをサプリメントなどで飲んだとしても、きちんと目の奥の網膜に運ばれなかったら意味がないですよね・・・。
実はルテインやアントシアニンは同時に摂ることで、目の奥に運ばれやすくなるという研究結果が出ています。
ルテインだけとか、アントシアニンだけ飲んでもダメな理由は、同時にとらないと目の奥に上手く運ばれないかということです。

 

そのため、目の奥の痛みを改善するためにルテインやアントシアニンのサプリメントを飲むのなら、ルテインとアントシアニンを同時に摂ることを考えてください。
ルテイン、アントシアニン、それぞれ別々にサプリメントとして飲んでもいいですが、「めなり」という目のサプリメントなら、ルテイン、アントシアニンが同時にとれるのでおすすめです。
ここでは目の奥の痛みに効果がある目のサプリについてご紹介します。

 

 

 

 


ルテインとアントシアニンを同時に摂るなら「めなり」がおすすめ!

 

目の奥が痛い場合、ルテインとアントシアニンを同時に摂ることをおすすめします。
ルテインとアントシアニンを同時に摂れる目のサプリとしては、めなりがおすすめです。

 

目の奥が痛い

 

>>めなりについて詳しくはこちら

 

めなりは1粒あたり、ルテイン12mg、アントシアニン170mgと、他の目のサプリよりも圧倒的な量が配合されています。
ルテインとアントシアニンがこれだけの量入っている目のサプリはめなりだけです。

 

目の奥が痛い場合、ほとんどの場合は眼精疲労が原因です。
PCやスマホのみすぎて目が疲れてしまっているので、めなりを飲んで、ルテインとアントシアニンをたっぷりと摂れば解決する可能性が高いです。

 

しかも、めなりは初回907円と業界最安値となっています。
もちろん送料無料です。

 

さらに、めなりは15日間の全額返金保証がついています。
めなりを開封して飲んでしまった後でも、いかなる理由でも返金してもらえるので安心です。
さらに、めなりの毎月のモニターでは、定期購入の縛りなども一切ありません!
解約したいときはいつでも解約できるので、初月の907円だけでお試しして解約するということも可能です。

 

目が奥が痛いという場合は、とりあえずめなりの初月907円のモニターをお試ししてみるとよいと思います。

 

めなりの毎月モニターについて、詳しくはこちらをご覧ください。

 

目の奥が痛い

「めなり」を購入して飲んでみました

目の奥が痛い

 

ということで、めなりを購入しました。
さくらの森の公式サイトから、めなりを購入したら、すぐに届きました。

 

パッケージは青くて小さい感じです。
さくらの森では、DHA/EPAサプリの「きなり」も飲んでいるのですが、その「きなり」のパッケージと似ている感じです。
「きなり」は金色で、もう少し大きなパッケージなのですが、「めなり」はそれより少し小さめのパッケージみたいです。
さくらの森の人が言うには、「めなり」は「きなり」の妹的存在というイメージで作ったサプリメントなのだとか。
「きなり」の愛用者の方にアンケートをとったら、目の悩みが多いということで、作った目のサプリが「めなり」なのだそうですよ!

 

めなりに含まれている全成分はこちら

目の奥が痛い

 

こちらが「めなり」のパッケージの裏側です。
パッケージの裏側には、「めなり」の原材料名が記載されていました。
(クリックすると拡大します)

 

この原材料名をみれば、めなりに含まれている全成分がわかりますね。
でも、原材料名のところをみても、めなりに含まれているルテイン、アントシアニン、アスタキサンチン、クロセチンなどの成分が書かれていません・・・・。
もしかして、めなりにルテイン、アントシアニン、アスタキサンチン、クロセチンなどの成分が入っているというのは嘘なの???

 

そう疑ってさくらの森の人に問い合わせしてみたところ、どうやらルテインとアントシアニンはマリーゴールド色素、アスタキサンチンはヘマトコッカス藻色素、クロセチンはクチナシ色素というところに含まれているそうです。
原材料名という記載になると、そういう名称として書かざるをえないということみたいですね。

 

めなりを飲み続けてみようと思っています

目の奥が痛い

 

ということで、さっそく「めなり」を飲んでみることにしました。
「めなり」は1日2粒を推奨しています。
目の奥が痛いということで、とりあえず多めに3粒を飲んでみました。
3粒のめなりを飲んだからといって、すぐに目の奥の痛みが消えた・・・・・なんてことはありませんでしたw
さすがに飲んですぐに効果はわかりませんね。

 

でも、目の奥の痛みを本当になんとかしたいと思っているので、とりあえず、毎日2粒を目安にめなりを飲み続けてみようと思います。
その結果がどうなったかについては、またご報告しますね。
とりあえず、めなりを飲み続けてみようと思っています。

 

めなりについて、詳しくはさくらの森の公式サイトをご覧ください。

 

目の奥が痛い

 

 



http://www.spotbeam.org/ http://www.kitacoro.com/ http://www.ciyecn.com/ http://www.turismokollabol.com/ http://www.massachusettslandforsale.net/ http://www.scattorrockbrewery.com/ http://www.tatouage-piercing.net/ http://www.sunwerks.mobi/ http://www.gototaihei.net/ http://www.angou-rikai.com/